鮮度の良いりんご7976は、このようにして見分けよう

鮮度を見分ける方法は幾つかありますので、複数の方法を重ねて判断します。 まず第一にツルを見ることにします。ツルがみずみずしいのは、りんごの果実も新鮮で、ツルがしなびているのは、古くなった証拠です。なお、鮮度と直接つながりませんが、ツルが太くてしっかりしていると、栄養が果実に十分に届いた証拠で、味も良いものだと推定できます。次に、軽く叩いた音で鮮度を判断できます。はずんで響く打音がするのが新鮮で、鈍い音がすれば古くなっています。鈍い音のするものは、硬さや締まりが失われ、カスカスになっている可能性があります。さらに、匂いでも判断できます。最適の熟成度だとりんご特有の良い香りがしますが、古くなると発酵臭に変わって来ます。りんごは、自然発酵しやすいので、保存期間の長さによって匂いも微妙に変化します。りんごの皮の状態でも、鮮度を判断できます。硬く締まって張りのある皮だと新鮮ですが、水分が抜けてしなびたり変色の徴候があれば古くなっています。 このように、りんごの鮮度の判断には複数の方法があるのですが、最も重要な判断法は、ツルの状態を見ることです。ツルを見ることで、鮮度を判断できるだけでなく、味の良し悪しも判断できますので、最も重要な着眼点になります。

茶色く変色したりんご7976を元の色に戻す為には?

美味しいりんごですが、皮を剥いて時間が経つと酸化を起こして茶色く変色してしまいます。 変色前に防ぐ方法はよくしられていますが、変色してしまった後のりんごを元の色に戻す方法があるのをご存知ですか? 実はとっても簡単!オレンジジュースに変色したりんごを浸すだけ。 オレンジジュースに含まれるビタミンCがりんごを変色させる成分と酸素を引き離す作用があるんです。 オレンジジュースに限らずビタミンCが多いジュースなら代用も可能。 見た目も美味しく食べたいですね。