りんご7976を美味しく食べるには、どこに保存したらいいの?

秋から冬にかけて旬を迎える、りんご。 そのまま食べても美味しいし、アップルパイや焼きりんご、ジャムなどに加工していただくのも楽しい果物です。 りんごを長期保存する場合、冷蔵庫に入れたらいいのか悩んだ経験がある人も多いかと思います。 りんごは温度の変化や乾燥にとても弱い果物です。 りんごを保存する時は0から5℃の低温で、湿度が80%以上のところが理想になります。 秋や冬なら直射日光の当たらない、暖房の影響のない涼しい部屋が最適です。 常温保存する時は、りんごを段ボールに入れたり、新聞紙に包んだりします。 風通しの良い場所を選ぶのもポイントになります。 気温の高い夏場なら、りんごをポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保管するのがおすすめです。 りんごの保存期間は2週間から1カ月ほどと言われています。 りんご自体は2か月近く持ちますが、水分が抜けてカスカスになったり、柔らかくなり、風味も味も落ちてしまいます。 ジャムなどに加工するなら問題ありませんが、できたら早めに食べるように心がけましょう。 カットしたりんごを常温で保存すると、じょじょに変色していきます。 塩水やレモン水に1度りんごを浸すことで、変色を抑えることができます。 カットすると鮮度が落ちていくので、2日以内に食べるのが良いでしょう。

りんご7976を効果的に食べるタイミングとは?!

便秘に効果がある、消化に良いなど、身体にとって良い効果があるりんご。実は効果を期待するには食べるタイミングが重要だと知っていましたか? そのタイミングとは、空腹時です。空腹時に食べると腸に短時間で到達し、効果が期待できます。逆に食後の満腹時には胃の中の別の食べ物と反応し、場合によってはガスが発生。消化不良を起こしてしまうこともあるので注意が必要です。 せっかくの美味しいりんご、食べるタイミングを変える事で美味しい効果も期待したいですね。