夏場に美味しい冷凍りんご7976ですが、こんな落とし穴が!

知る人ぞ知る冷凍りんご。夏場に凍らせたヒンヤリ冷たいりんごの、シャキシャキとした食感がたまらないですよね?しかも、りんごの保存期間は通常1ヵ月前後と言われていますが、こうやって凍らせれば2ヵ月以上も保存可能なので、冷凍りんごはまさに一石二鳥の優れものなのです。 ところがりんごを凍らせることによって、思わぬデメリットがあることはあまり知られていません。 たしかに、一度凍らせれば食べるときには解凍しなければならないので、若干シャキシャキ感が失われて食感的にはマイナスかもしれません。しかしそれ以上にデメリットなことがあります。それは栄養! 凍らせて解凍が始まったりんごは、同時に水分も流出することになります。この水分こそりんごの大事な栄養素そのものなのです。というのも、この水分には水溶性食物繊維のペクチンが大量に含まれており、これが失われると腸内環境を整える栄養素を無駄にしてしまうことになるからです。 ですから、確かに夏場に食べる冷凍りんごは味といい食感といい最高なのですが、特に栄養を気にされる方には、やはり常温(できれば0~5℃)で湿度のなるべく高い場所(80%以上が理想的)での保存がベストと言えるでしょう。

夏の屋台の定番、りんご7976飴!美味しい見分け方とは?

夏祭りなどで見かけるよく見かけるりんご飴、実は美味しいものが見分けられるってご存知でしたか? ・飴に気泡ができているもの つるんとしたものを選びがちですが、均等に気泡が入っているものは美味しいふじりんごという種類を使っている可能性が高いです。 また、新鮮なものを使っている証拠でもあるんですよ。 ・下の部分の飴が大きい 実はこの部分を綺麗に、大きく、均等に作るのにはコツがいります。 この部分が上手に出来ている時は飴が美味しく出来上がっている事が多いです。